男性

活性酸素が身体に溜まると悪影響を及ぼすこともある

老化や病気の原因

花

人間には必要なもの

活性酸素は人間が生きていくうえで欠かすことができないものです。呼吸によって体内に入った酸素が結合してできた活性酸素は、体外から身体の中に侵入してきたウイルスや細菌を退治するために活躍するのですが、紫外線やストレス、喫煙などの影響で活性酸素が過剰に作られすぎてしまうと、人間の細胞を攻撃し始めてしまいます。これが細胞の酸化と呼ばれていて、老化や病気の大きな原因となると言われています。人間は酸素を吸って生きている以上、活性酸素が全く作られない状況になることはありません。そのため、活性酸素が作られる原因となる生活習慣を改善することによって必要以上に生成されることを防ぎ、老化や病気を防ぐようにする必要があります。

生活習慣の改善を

活性酸素を減らすには、アルコールの飲み過ぎや喫煙をやめるようにします。過剰な飲み過ぎや食べ過ぎはカロリーや脂肪分の取りすぎにも繋がり、それらを分解する際に活性酸素が発生します。また、血中で増えてしまった中性脂肪やコレステロールを活性酸素が酸化させると、動脈硬化にも繋がってしまいます。生活習慣の改善のために運動を行うことも重要ですが、あまりにもきつい運動を行ってしまうと、呼吸の量が増すため体内に入る酸素の量が増え、活性酸素も生成されやすくなります。運動を行う場合には、きつすぎない運動を行うようにします。他にもさまざまな病気のきっかけともなるストレスを解消したり、紫外線に当たらないようにすることも活性酸素の増加を防ぐ効果が期待できます。