男性

活性酸素が身体に溜まると悪影響を及ぼすこともある

生活習慣の乱れが要因

女性

必要以上は悪影響を及ぼす

活性酸素は体にとって有害な物質であるとして、よく話題になります。しかし、活性酸素は体にとって必要な物質でもあるのです。酸化力が強い物質として、活性酸素があげられますが、体内に入り込んだ細菌やウィルスを駆除する役目を持っているのです。すなわち体を守ってくれる大切な要素となっており、活性酸素が体の正常な細胞を守ってくれているのです。普通に生活を行っていれば、活性酸素の割合は体内に取り込んだ2パーセント程度です。しかしこの割合を超過すると、体にとって悪影響を及ぼす要因となるのです。活性酸素は酸化力の優れた物質であるため、その効果は非常に大きいものとなっています。身体に侵入した細菌やウィルスに影響があるだけでなく、量が増えると、身体の正常な細胞にまで影響を及ぼしやすくなるのです。

体の老化を早めてしまう

細胞の酸化は、体をさびつきやすくさせてしまいます。酸化の影響は細胞の老化を早め、体内の組織が衰退します。そのため、老化を防ぐためには、体内の活性酸素を除去するのが有効だと言われています。ほかにも体力の衰えや記憶力の低下などの影響も及ぼします。具体的に活性酸素が増加する要因は激しい運動を行ったり、強いストレスを感じたり、紫外線を浴びること、喫煙や食生活の乱れも関係しています。すべての要因を皆無にはできませんが、要因を認識したうえで少しでも減少させる努力を行うことで活性酸素の増加を食い止めることが可能になります。サプリメントでも、活性酸素の除去に有効だと注目を集める成分があります。代表的なサプリとしては、水素サプリがあります。水素は還元作用のある物質であり、活性酸素の除去効果が高くなっています。また、トマトに含まれるリコピンも高い抗酸化力を所持しており、活性酸素を取り除くのに役立ちます。日頃から、抗酸化力に優れた成分のサプリメントを摂取することで、身体の老化を防ぐことが可能なのです。